« デブサミ2007のシーズンです! | メイン | サンプルコードに反省 »

技術力の3つのタイプ - 使う、創る、動かす

 ちょっと心をいれかえてブログをなるべく書くようにします。はい。

 昨日、稚北つながりでGoogle(東京+本社)の人々と夕飯。中の人と色々話すことができました。やっぱGoogleはすごいなぁと。


技術力がウリです
 エンタープライズ業界で「うちは技術力がウリです」なんていう会社に会うことがあるのですが、Googleなんかを知ってしまうと「うーん」と。なんか世界が狭いなぁと感じます。たしかに国内のSIerやベンダーの平均点と比べて「技術力が高い」っていうのは事実だとしても、それは井の中。
 Googleをちゃんと競争相手として考えられるのかというのは大きな分岐点だと思います。それに「国内のSIerやベンダー」だってトップレベルのエンジニアはやっぱりすごい。「組織としての技術力」の測り方というのは平均点じゃないだろうなと感じます(じゃぁ、なんなんだっていうのは難しいところだけど)。

 なんだか「技術力」という言葉が安売りされているような感がありますが、それの技術力が本当の技術力なのかというのをきちんと見極める必要性があります。たとえば知識の差でしかないとすれば、それは技術力ではありません。あくまでも知恵として、地力として技術力があるのかどうかを考える必要があるでしょう。


使う、創る、動かす
 その技術力も3つあるのかなと思います。それが「使う、創る、動かす」。

 "使う技術力"というのは既存コンポーネントをいかにうまく使いこなす力です。特徴は既存コンポーネントの知識が一般的であっても、その使い方によって新しい価値を創造する点。これは技術力として評価される点です。チープ革命やマッシュアップといった言葉が当てはまります。

 "創る技術力"というのはコンポーネント自身を創り出す力。特徴はこれまでにないような新しいコンポーネントを作り出し、それが多くの人々にとって使いやすい形で提供する点。過去から、これが技術力としてもっとも言われていた部分だと思います。

 最後が"動かす技術力"。これはコンポーネントを使って"サービス"を持続させ拡張し続ける力。特徴は状況に特化し、終わりがない点。たとえばGoogleのHTTPサーバがGoogle並のトランザクションを持たない限り意味がないように、状況に応じることが求められるためパッケージングできるようなものではありません。そして、この拡張にはサービスの拡張にあわせて終わりなく続いていく。
 

技術力ってなんですか?
 創る技術力は相変わらず重要ですが、使う技術力や動かす技術力の重要性が高まっています。Googleの人と話すとやたら「スケーラビリティ」の話が多い。たぶんエンジニアの半分はこの領域をがんばっていると。検索はもちろん、さまざまなサービスのパフォーマンスを考えるとどんなレベルで分散処理をこなしているのか想像ができません。

 でも、ここらへんってリアリティとして感じている人が少なくて軽く見られている気がしています。ベンダーでもSIerでも、最後のフェーズでパフォーマンス・チューニングをこなしたり運用を回す部隊が強いところがやっぱりすごい。良いアプリケーションをつくれても、このフェーズがちゃんとできないと意味がないのです。

 あなたの技術力ってなんですか?

 (っていう自分が定義できてないなぁー)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.arclamp.jp/mt33/mt-tracback.cgi/1849

コメント (2)

大変参考になる内容拝見いたしました。ありがとうございます。

技術力とは何か?

本質的な質問ですね。

専門性とは何か?

といった話にも仕事柄なります。
技術や専門性というもの。それが、組織に担保されているのか、個人なのか、はたまた、時代によって異なってくるものなのか、固有の強みとは何か?

考えているとつきないですよね。

『プロ論』
 
という本などを読んでも思うところがあります。

高野さん、コメントありがとうございます。今の時代は結局、個人に落ちてしまうのかもしれません。

ですから組織に求められることは「個人の能力を外化して組織の能力にする」ということではなくて「個人の能力をそのまま生かして組織の能力にする」というような転換かもしれません。

確かに面白い問いかけです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2006年12月17日 12:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「デブサミ2007のシーズンです!」です。

次の投稿は「サンプルコードに反省」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Creative Commons License
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type